Home > これからスタート、投資生活!投資の初心者が選ぶ投資手段とは!?

信用取引の仕組みと注意点

今回は、信用取引の仕組みと注意点について紹介いたします。
信用取引とはどのような投資方法なのでしょうか?
また、どのようなルールがあるのでしょうか?
信用取引の基礎知識と仕組み、注意点についてご覧ください。

信用取引とは

信用取引とは、その名の通り信用してもらって資金以上の投資をおこなうことです。自身の持っている資金や株式を担保にして、証券会社からお金を借りて投資することです。厳密には、投資家が証券会社に委託保証金(証拠金)というものを差し入れ、それに見合ったお金や株式を借りておこなう売買取引のことです。
通常、委託保証金率は30%に指定されています。そのため、委託保証金が100万円だとしたら、100万÷0.3=約330万を証券会社から借りて投資することができます。委託保証金はお金だけでなく、代用有価証券といって、現物株や債券なども代用できます。

信用買い

信用買いとは、担保と引き換えに証券会社からお金を借りて、その借りたお金で投資するため、少ない資金で大きな株式取引ができます。当然、現金を借りて投資をしているため、お金を返済する必要があります。
返済方法に関し手は、反対売買による返済か、現引による決済の2通りあります。
反対売買による返済に関しては、買った株式の売却益によって返済する方法です。返済するためにも必ず決済しないといけません。また、株式売却益がマイナスであれば返済することができません。
現引による決済は株式売却益で返済するのではなく、お金で返済します。そのため、信用買いした現物株はそのまま手元に保有し続けることができます。

信用売り

担保と引き換えに、証券会社から資金以上の株式を借りて、その株式を売却します。言わいる空売りです。そうすることによりFXのように株式相場が下がっても利益を得ることができます。

信用売りの場合は、信用買いと異なり、証券会社から株式を借りているため、株式を返済する必要があります。返済方法としては、反対売買による返済か、現渡による決済の2通りあります。

反対売買による返済は、売却している株式を株式市場で買戻しする方法です。買戻し時の株価によって損益が決まります。株価が上がっていれば損失となる可能性があります。
現渡による決済は、もし、売却しているものと同じ銘柄の現物株を持っている場合にできる方法です。現物株で証券会社に返済をする方法です。返済した分の売建て金額を受取ります。

信用取引の注意点:追証(追加保証金)が必要になる

おいしょうと呼ばれます。信用取引をおこなう場合に証券会社に30%の保証金を預けなければなりません。100万円の株を買いたい場合は、30万円の保証金が必要となります。
しかし、買った株式も日々株価が上がったり、下がったりして値動きします。株価が下がってしまって担保価値が下がってしまった場合に、担保が足りなくなるので、追加で保証金を預けなければならなくなります。

信用取引の注意点:金利が発生する


信用取引をおこなう場合は、通常の取引手数料に加え、金着が発生します。
大きな金額もしくは株式を証券会社から借りているかたちになりますので、金利分も一緒に返済しなければなりません。現物取引よりもコストがかかります。

信用取引の注意点: 利益も大きいが損失も大きい


1番の注意点です。信用取引をおこなうことで、自分の手元の資金以上の金額の投資をおこなうことができます。
その分、大きな利益を得れる可能性もありますが、逆に大きな損失を負う可能性もあります。利益ばかりに目が行きがちですが、同じ大きさのリスクがあることを認識しましょう。

信用取引は非常に便利!でもリスクもある!


信用取引は、大きな利益を得るためにも非常に便利な手法です。お金を貯めなくても大きなチャンスを得ることができます。しかし、大きな損失を負う可能性もあることは念頭に置いておきましょう。メリットにもデメリットにもなりますので、利用する際は慎重におこないましょう。

 

Page top