Home > 早く取引がしたい!どうやるの!?まず、なにからすればいい?〜株式投資編〜

早く取引がしたい!どうやるの!?まず、なにからすればいい?〜株式投資編〜

証券会社に口座を作ろう

株式投資がしたい投資初心者はまず口座選びからはじまります。
はじめのうちはネット証券から申し込むと良いでしょう。
証券会社選びとしては、投資の情報が充実している会社を勧めます。
有名なものにSBI証券、楽天証券、マネックス証券などがあります。
これら大手の証券会社には、それぞれ専用の取引ツール、アプリがあります。
スマホから株の売買ができる証券会社もあります。
例えばSBI証券の口座を持っていると会社四季報の情報を無料で閲覧できたり、初心者に対して、基本的なトレード方法が紹介されております。
手数料も会社ごとに違いますのでよく検討されてから選ぶと良いでしょう。

口座には複数のタイプがある

ひとことに口座を持つといってもいくつかの口座タイプがあります。
自分の現在持っている投資資金で売買する現物用の口座のほかに、証券会社からお金を借りて売買する信用取引口座、逆に証券会社にお金を貸して代わりに運用してもらう投資信託口座があります。
それからニュースでも取り上げられた、少額から投資をするNISA口座もあります。
それぞれの投資スタイルによって選んでください。基本いずれも無料口座開設ができます。

口座はどれにすればいい?

自己資本金の量にもよりますが、はじめのうちはリスクが自身の口座に入金されている金額に限定されている現物用の口座あるいはNISA口座(少額口座非課税制度)をお勧めします。
信用口座では借りたお金以上に損失を被るおそれがあり、また信託口座では自分のお金がどのように使われているか確認ができず不透明です。
したがって、透明性がある程度保たれておりリスク限定である現物用の口座、あるいはお試しということでNISA口座をお勧めします。

口座を開設できた、何からすればいい?

口座開設完了しましたら、次に投資に必要なお金を口座に振り込みます。
銀行から振り込む場合は手数料がかかりますが、証券会社からの振り込みの場合、手数料は月に数回までは無料などの条件が証券会社毎に違いますのであわせて確認してください。

どの銘柄選びをすればいい?日経平均を考慮する?一部上場銘柄?外国株?

投資経験が短い場合どの金融商品にすればいいか非常に悩むと思います。
情報過多の時代ですから、その中から銘柄を選ぶのは大変なことと思います。
FXの場合でしたら個々の小さいニュースや材料で動く心配はないため、選定基準がそれほどシビアではなく、大抵は通貨ペアを選ぶだけですから選び方自体はそれほど困ることはありません。
しかし、株全般となりますと、日経平均に左右されるだけではなく、個別銘柄の財務分析、決算資料に書かれている売上高、経常利益の評価を考慮する必要があります。
またこれに加えて、中小企業の株、つまり小型株になりますと売買する投資家達が非常に少なくなりますので、ちょっとしたことで値が飛ぶことがあり、思わぬ損失を被る場合があるので注意が必要です。
したがって、初心者の投資家は、日経平均と連動した大型株(例えば日本郵政、任天堂、銀行株)にしぼるとよいでしょう。
日経平均の動きをチャートから読みながら大手の上場株の取引をされるといいでしょう。
証券会社の中には会社予想をしているものもあります。
会社四季報とあわせてみるとよいでしょう。
外国株の取引を考えている方もいらっしゃると思います。
上級者ならばそれもよいですが、初心者にはお勧めできません。
株の選定もそうですが、それに加えて為替による動きも考慮しなければならないからです。
したがって、ある程度株式投資に慣れるまでは、上場銘柄のなかでもいま話題となっているテーマを持っている株にしぼり、日経平均の動きを監視しながら株の売買をしたほうが無難のようです。

Page top